使えるものは使い倒せ

都内のいたるところで不動産投資に力をいれている業者が運営する不動産投資セミナーがよく開催されていて、総じて無料で受講することができます。このところは受講者も多く、活況を呈しています。

投資初心者にとっても有益な不動産投資セミナーは、特定エリアのマンションとかアパート経営の出口戦略などに絞っており、セミナーの題材が「知らないと何も始まらないものばかりである」というわけで、非常に人気があります。

不動産投資セミナーというものに関しては、中古についてのセミナーばかりだとみなしてしまう方が結構見受けられますが、アパート建築のための土地を購入するというファーストステップから始める新築アパート経営をレクチャーしてくれるセミナーなんていうのもあるようです。

不動産投資においては、大概の人が差し当たり最初にするのが資料請求というものです。先方も特段見込みのあるお客さんだと囲い込んできたりはしないので、軽い気持ちでお願いしちゃってください。

何が言いたいかと言うと、活用できるものはなんでも積極的に使い倒す、ということです。それが成功への一番の近道だと思います。

不動産投資で成功者となるためには、投資しようとする収益物件がばっちり利益を上げることが必須です。そこを見抜く上で最初に見るべきなのが表面利回りや実質利回りです。

不動産投資をする場合、投資先としての物件のコストパフォーマンスを念を入れて吟味することが重要ですが、そんな時に大部分の人がまず見るのが、利回りです。

不動産を貸して家賃を稼ぐ不動産投資では、物件の良否を調べる際に、利回りという数値を参考にすると思われますが、表面利回りというのは、年間の収入全体を購入した金額で割るという計算から導かれる数字です。

アパートやマンションといった収益物件を選ぶときに重要なポイントとなるのは、建てられてからどれぐらい経っているかです。築年月日または築年数を確認して、少なくとも1981年の新耐震基準に則って建てられた物件であることを条件にすることをお勧めします。

アパート経営に取り組むに際し、新築を購入して始めるケースもありますが、中古物件を手に入れて始めるという人の方が圧倒的多数で、そんな中でも住みやすさや交通の便などにも配慮している物件はいつも高い人気があります。

マンション経営というと、「幾ら位の節税効果があるのかや利回りに着目すべし」などと言われることが多々ありますが、金額の面ばかりを気にかけていたら、逆に失敗を招くなんてことも十分にあり得るのです。

家主の立場からは、サブリース(一括借り上げ)は空室対策を考慮する必要がないなどの長所に注目しがちですが、金額が下げられたり、リフォームをする場合の費用はオーナーが全て手出ししなければならないなどのリスクもあるということはお伝えしておきます。

「一括借り上げ」契約後にトラブルが発生しやすいのは、「一括借り上げ」というシステムが事業者と事業者が交わした契約であるので、家主は消費者として利益保護の対象にならないということと、宅地建物取引業法の売買契約には相当しないので、重要事項説明をしなくても違法ではないせいだと思われます。

マンション経営がしたいのだったら、投資をおしまいにする場合のことも予想しておかなければなりません。うまくいかなかったとしても、なお資金的有余があるという場合は、本格的に検討してもよろしいかと思います。

マンション経営で歓迎すべきは、今住んでいる人が希望して買ってくれることだと思います。それを考えれば、十分に管理に尽力しているマンションを選択するのが大事でしょう。

海外不動産投資に対する関心が高まりましたが、「これから先海外に存在する収益物件を入手するつもりがある」のなら、以前にも増してきっちりと将来の収益を計算することが大きなポイントになりますので、その点を気に留めてやっていくといいでしょう。